ブックオフでの買取、仕入れについて

 ブックオフと言えば、「100円本コーナー」が有名ですね。また、古本に限らずCDやDVD・ゲーム機・ゲームソフトなど色々買い取ってもらえし、新品よりもかなり安価で購入する事が出来るのが何よりの魅力的です。 100円本コーナーでお宝商品を発見しインターネットで買値より高く売り利鞘を得るブックオフせどりと言う言葉まで登場したほど、転売業にとっては絶好の仕入れ所です。今は、ブックオフ側もせどり対策を強めているようですが。

 私がブックオフで売却したことがあるアイテムは、「書籍・雑誌」「CD」「ケーム機」「ケームソフト」など、色々売却したことがありますが、その中でも、ガッカリさせられたのが書籍でしたね。新書も2,000円以上かけて購入し、大切に扱っていたけれども、買取り値段は50円から100円程度が中心で、新刊からそれなりの年数が経っていたりすると、1冊あたり10円という事も。余りにも本の状態が悪ければ、値段もつきませんね。家の中を整理して、不要本を段ボールに入れて、最寄りのブックオフまで行き買い取って貰えましたが、買取り金額は全部で500円というトホホな経験もありましたね。本については、「高く買い取ってもらえるかな!」と期待を寄せて行くより、「ふーんこんなもんかな」と言う気持ちで売却しに行った方が後々落胆しなくて済みますね。
特に本の場合は下記のブログの情報のように違うお店で売った方がいいかもしれません。
http://hruhonkaitori.blog.jp/archives/2062864.html

 本以外にも、ゲームソフトやCDを売却した経験もありますが、本を売却した時とは逆で思ったよりも高く買い取ってもらえて、逆に驚いてしまいました。

その時売却したのは、新しくないゲームソフトでしたので、一本300円で買い取ってもらえれば充分だなと思い込んでいました。本を売却した時の、ガッカリした経験があり、正直あまり期待していませんでしたが、買取り金額が合計で5,000円以上にもなったのでビックリしましたね。ゲームに詳しい友人にその事について話をしたら、友人曰く「ゲームソフトは、例え新しくなくても人気ソフトだったりすると、高く買い取ってもらえるよ」との返答。ちょっとしたお小遣いにもなったので、良い成功談でした。高く買い取ってもらえるコツは、買取りの情報などは時の経過とともに、色々変わって来るので、自分の目で情報を見て収集をして分析すれば、希望に沿った金額で買い取って貰える可能性が湧いてきますね。