グレイテスト・ショーマン

グレイテスト・ショーマンは2017年に制作された作品で主人公は実在した人物のお話しです。

DVDのランキングが一位になっていたので、気になって借りてみると、観始めた数十秒で心を掴まれる作品でした。

主人公のバーナムはとにかく家族が大好きでサーカス(ショー)を愛していました。

しかし、生活するには厳しい状態だった時に普段なら人目にさらされないように生かされている人を輝かせるのはどうだ?と考え始めます。

それからは、人探しの日々。小人症の男性、髭の生えた女性、全身タトゥーの男、巨体の男など。その噂に駆けつけて今まで疎まれてきた人達が生き生きとしていくんです。

バーナム自身も歌手として参加したショーは大盛況だったものの地元の一部の人間から「出ていけ」と迫られます。

そんな中、バーナムは最高のオペラ歌手の女性と出会い、彼女と公演の度に出ます。

その間、ショーは他の者に任せているとバーナム不在のサーカスの人気は落ちていきとうとう反対派から火を放たれてしまうのでした。

時、同じくしてバーナムはオペラ歌手との別れを経験しサーカスに戻る時火事の様子を見るのでした。

その後、妻からオペラ歌手との関係を疑われたバーナムは「何もかも失った」と一人で落ち込むのですが、そこにサーカスのメンバーがやってきて彼を励ますのでした。

「私たちは家族」そういう仲間の力もあり、サーカスは見事復活です。

妻との間も修復できたバーナムは、家族の大切さを何より実感するのでした。

歌よし、映像よしの最高の作品です。