アドルフに告ぐ

手塚治虫作の「アドルフに告ぐ」は、ナチスドイツが台頭していた、第二次世界大戦の辺りのドイツ、そして日本のこと、それからアドルフ・ヒトラー、日本人とドイツ人のハーフのアドルフ、ドイツ出身で日本の神戸で暮らすユダヤ人のアドルフの三人のことを語り部となる峠草平を中心として描いた作品です。

この作品が描かれた背景には、ヒトラーユダヤ人説に基づいて、ゾルゲ事件から構想を得て描かれたと言われています。ただ、その構想から始まったと言っても、実際の事件にはほとんど触れることがなく、一番メインとなるのは、4人の登場人物の奇妙な運命です。

フィクションの登場人物である二人のアドルフと峠は、まさにヒトラーという存在によって、人生をかき乱されたと言っても過言ではありません。日本人とハーフのアドルフは、ドイツに連れて帰られてナチスでヒトラーの親衛隊となってしまい、日本にいる間は親友として交流を持っていたユダヤ人のアドルフと埋めることができない溝ができてしまいます。峠はドイツオリンピックの記事を書くためにドイツへと行くと、そこで弟が殺され、ヒトラーの重要な秘密を握っている者として、日本に帰ってからもナチスに追われる身となってしまいます。

一見、これらは接点を持たないように思えますが、点と点が線で結ばれていくように、物語が進んで行くにつれて結ばれていきます。その収束していって物語がまとまって行くのはほんとにスムーズで、綺麗だと思ってしまうほどです。手塚治虫の物語作りの神髄のような気がします。

また、二人のアドルフに関しても、子供から大人になって、住む場所が信じる物が変わることによって、関係性もどんどん変わって行き、戦争が終わってからも二人は相対する存在となってしまいました。仲が良かったはずなのに、お互いに憎しみだけを持って相対することしかできなくなってしまう。そんな風になってしまったのも、ヒトラーひいては戦争が作り出してしまったものです。

アドルフに告ぐとは、戦後に元ナチスのアドルフが、ユダヤ人のアドルフを呼び出すために作られたビラのタイトルであり、峠草平が作った小説のタイトルでもあります。それが合致するうな意味合いになっている、というところも読んだ時にどきっと、させられてしまいました。

漫画の神様にこういうのも変ですが、とにかく上手い。この一言に尽きる作品だと思いました。